Information

〜〜〜現在、休止中です〜〜〜

 「日本はものづくり立国を標榜してきたが、携帯電話、パソコン、テレビといった順番で小さなものから競争力を失っている。原因は教育にある。IT(情報技術)産業の技術者の供給源である情報工学や数学などの修了者は、日本では年に約2万3千人。米国では約25万人、中国では約100万人といわれる。英語コンピューターの簡単なプログラムが組めること現代の読み書きそろばんと位置付け、高校や大学の一般教養の必須科目に組み込んではどうか」
 かつて楽天の三木谷社長は日本経済新聞社の記者からインタビューを受けた際、このようなことをおっしゃっています(『若手社員に求める次の資質は?―英語に加えてIT必須に』2013年4月7日付)。

 当講座はプログラム学習に最適なプラットフォームと言えるアンドロイドを通じて、お子さんの論理的にものごとを考える能力を育み、それは他の教科にもきっと良い影響を与えることでしょう。
 普段自分が使っているスマホの上で自分の作るアプリが動く。ものづくりの醍醐味。それはお子さんを夢中にさせるには十分です。何しろそのアプリは需要さえあれば世界中の人に使ってもらうことも決して夢ではないのです。

 さあ、はじめましょう。世界が待っています。


Profile


↑Now printing!

流通企業の電算課にて情報システムに携わったのがきっかけでIT業界ではたらくように。
金融機関にて開発の現場を経験した後、オープン系に転向。2012.4〜2012.10の間、厚労省求職者支援訓練にてアンドロイド技術者養成科の講師を担当。

※OESF Authorized Certification Engineer for Android所持

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Feeds

RSS - ATOM